大好きな料理本のことを中心に


by tsnote
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ヒントに出会う

tomoさんが自分で考えたんですか?
と、パンや料理のことで聞かれると、私は答えに窮してしまいます。
けっこうよくある、会話です。

小麦を挽いて粉にすることを初めてやってみたヒト、それを捏ねて
パンに焼いてみたヒト、に比べたら、私のやっていることは
「自分で考えた」とは言えないです。
こんな答えを期待している人は誰もいないし・・・(笑)。

昔、あるピアニストが「演奏は自分を表現する手段」と話していて
「他人が作曲した曲を弾くくらいで、自分を表現できるのだろうか」と
疑問を覚えました。
私はまだ、ピアノは曲を上手に弾くことが目的なのではなく
自分らしく弾くことを一生追求していくものなんだってことに
気付いていませんでした。
それに気付くまでの経験と、気付いてからの経験が、その後の自分の
感じ方に繋がったと思います。

食べものでいうと
おいしいものに出会ったら、そういうのを作ろう!とすぐに取りかからず
再現するための実験はせず、ひとつのピースとして
心のどこかにそっとおく。
そこにパズルのようにぴったりはまるヒントに
2回以上出会えたら、初めて作ってみる。
そのヒントは、料理本や雑誌はもちろん、自然やアートや・・・
いろんなところにあるから、どうにか気付きたいと思って暮らす。
そうして作ったものが自分の想像通り・想像以上だったら嬉しい。
あ、違ったなって思うことも、多々あるけど。

ヒントのピースに出会えなかったら、それは自分のカテゴリーではない
ってことですね。
自分の中にすでにあるピースにどんどん当てはめていく、というのは
ナンセンス。というか、私には楽しめない。余裕がないと、そうなってしまいそう。

同じものを見て聞いて、何をヒントと思うかは、人それぞれ
違って、それが個性に繋がるのだと思います。
自分がヒントだと感じた様々なTipsや感激を、出来るだけたくさん
散りばめて、そのうちのどれかがまた誰かのヒントになればと。
パンクラスのことです。
[PR]
by tsnote | 2007-04-18 23:40 | dairy