大好きな料理本のことを中心に


by tsnote
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:旅( 111 )

サンフランシスコ

いつか必ず行ってみたい・・・と思ったのは、およそ20年前(!)
堀井和子さんの「おいしいサンフランシスコの本」(白馬出版・絶版)を
読んでからです。この本ではじめて、バークレーのアリス・ウォータース
という人の存在を知り、その後、料理雑誌で特集が何度も組まれたのを
読んだり日本語に訳された「シェ・パニースのキッチン」(文渓堂・絶版)を
購入して読んでは、ますますあこがれを募らせてきました。
40年も前からのオーガニック・地産地消というポリシー、シンプルなのに
気のきいた魅力的なメニュー。
料理で実験はしない、継続性を重視する、という言葉にも惹かれます。

やっと訪れたSF旅行の機会、ありがたいことに、SFに留学していた
Nさんとご一緒できることになり、また昨年までバークレー在住だった
Tさんからの魅力的な情報をいただいたり、SF在住のコレクティブル
コレクターNobukoさん ご夫妻にものすご~くお世話になったりして
ほんとに7日間だったのか?!と思うほど、充実した旅でした♪
そしてすでに、また行きたいなあ。。と思っています!


朝食を食べに CAFE FANNY アリスがシェパニースの次に作ったお店
b0057839_14335327.jpg


b0057839_14342463.jpg

私がいただいたのはベニエ。しっとりしてちょうどよい甘さ。
薄切りのカンパーニュにポーチドエッグを乗せたものや、マフィンや
クレープなど、食べてみたいものばかり。ランチのメニューもおいしそう。

隣はパンやさん ACME Breadでは、特に酸味のあるパンがおいしかった。
CAFE最寄り駅のNorth Berkeleyは、個性的な平屋の家が並ぶとても
かわいらしい住宅街でした!

b0057839_1610762.jpg



-------------------------------------------
[PR]
by tsnote | 2011-05-07 16:10 |

湯河原&戸田

昨晩お腹いっぱいで 食べられるかどうか 一応心配してみた朝ごはん

b0057839_1425278.jpg


b0057839_14253257.jpg

炭火で炊いた 葛湯豆腐や

b0057839_14261592.jpg

たっぷり切り分けられた玉子焼き

b0057839_142761.jpg

丁寧に炊かれた煮もの、土鍋のつやつやごはん しじみのお味噌汁
香ばしいいわし ごまの香り高いお浸し  食後のコンポートと珈琲
とてもおいしかったです。
このようにできたら。という過不足ない理想を完璧に、愛情をもって
やったらこうなる。 というのをみせてもらった気がしました。
素朴だけれども家庭的なのとは違う、プロのお仕事でした。
 
おみやげに 干物やお茶、お夜食においしかった温泉まんじゅうなど
買いこみ、宿をあとにします。
この宿は以前、メイプルという雑誌で平松洋子さんが紹介されていたのを
見て、ここいいなぁ~とずっと思っていた場所でした。
料理長がここ数年で代わられたようですが、今もすばらしいです。
これから年に1度か2度、行きつづけられたらうれしい。
湯河原:石葉








------------------------------------------

戸田へ
[PR]
by tsnote | 2011-03-03 15:10 |

湯河原

b0057839_1952024.jpg

踊り子号 はじめて乗りました。
母、叔母との3人旅行です。
母とはいろんな旅行がしたいなあと思っていたけど、お互い忙しかったり
友人優先だったり、意外と行きたい場所が合わなかったりで
思いのほか実現できないものです。

残念ながらお天気に恵まれず
b0057839_19551667.jpg


b0057839_19554833.jpg

4000本の梅も寒そう。。お天気よかったらきっと満開になって
夢のような景色だったのだと思うのですが! 

b0057839_19582514.jpg

どしゃぶりで誰もいなくなっていくなか、酒まんじゅうやみかんを買って
思いのほか楽しむ。
ここのおまんじゅうは蒸しパンに近い皮が珍しく、すごくおいしかった。
幕山公園にて


ずっと行きたかった宿をようやく予約できました
b0057839_208122.jpg


b0057839_2082953.jpg



b0057839_2084576.jpg



b0057839_209487.jpg


しつらえ、お部屋の品のよさは、心から落ち着けるものでした。
シンプルで一見の華やかさはないけれど、隅々にまで品格を感じました。

こちらのお食事と器の素晴らしさも同様に 志の高さとともに
押しつけがましくない、訪れた人を思う気持ちが伝わってきました。

b0057839_20194137.jpg

野菜のひとつひとつまで美しく、しかも自然
お椀は軍鶏丸大根すり流し 温まりました

b0057839_20203088.jpg


b0057839_20333032.jpg


b0057839_20204865.jpg

たんぽぽ、白魚、筍の薄衣天ぷらの繊細だったこと
お鍋は菜の花と蛤で、お雛様を意識したものでした

b0057839_2021697.jpg

器が全部ステキ。お料理にぴったりで、趣味に筋が通ってます。
お料理のポーションがまた、全体を通して考えられているから
最後の蒸し寿司をいただくときにはお腹がいっぱいなのだけど、さっぱりした
酢飯とふんわりした錦糸卵は薄味にしてあり全部いただけました。
そこにさっぱりした八朔のシャーベットが大盛り(ちょこっとではないのがポイ
ント)、これがお腹を落ちつけてくれて、手作りの温かなおまんじゅうがすごく
おいしく感じられるという 本当によく考えられたお献立でした。


b0057839_20263162.jpg

お風呂もこじんまりでしたがとても居心地がよく お湯もよく。
お風呂に置いてある冷たいお茶までおいしく、ポットも素敵で(笑)
尊敬します! と思いながら、幸せ~な気持ちで就寝。
次の日のことは また。



------------------------------------------------
[PR]
by tsnote | 2011-03-02 20:31 |

関西にて 修伯

b0057839_22421225.jpg



b0057839_22423868.jpg



またここ~、な 夫のお気に入り。
17種類の野菜には それぞれ下ごしらえがしてあって、それだけで感激。
あの魚、いつまで焼いてるんだろう・・・と思って見ていた火鉢のうえの
わかさぎは、ほっくりと柔らかくて塩が利いていてとてもおいしかったし
今年豊作のマツタケもたっぷり堪能できました。
寡黙で真摯な料理人さんだけど、鷹揚な雰囲気があって
リラックスして楽しめるお店なのです。


b0057839_22484020.jpg

これは いつも読んでいるチェック&ストライプさんのdairy(スタッフさんの
blogや着こなしのページも大好き)で見て絶対食べたかったモンブラン♪
大阪のデパートに入ってることを知って買いに走りました。
おいしかったな、東京にも入らないかしらん?!


台湾での「財布ない!」事件に引き続き、
「京都で買ったおみやげがない!」事件が今回はありまして
出てこなかったらあきらめたものを、大阪の駅で出てきてしまったので
京都大阪を電車で3往復するはめになりました。 夫が。


----------------------------------------------
[PR]
by tsnote | 2010-12-08 22:59 |

関西にて カチャトーリ

旅のお楽しみ、京都Cacciatori。
前回伺い、とてもおいしくて 再度訪問。
そして次回もきっと行くでしょう。
暖かくもすっきりした雰囲気、料理への気遣いが行き届く
小さなお店は、シェフもマダムも若く 素敵です。
お二人とも、イタリアのチェーザレで修業なさったとのこと。
私が師匠に教わり愛用している赤ワインビネガー製造の場所です。
今回も感じたのは、料理がまさに適温で出てくる!ということ。
シェフの繊細さが伝わってきます。(でもうまく撮れずすみません!)


b0057839_1757321.jpg


b0057839_17575812.jpg



ポレンタ イタリアンパセリとアンチョビ、唐辛子のディアボラソース

淡海地鶏、りんご、キノコ、ザクロのサラダ(本来は兎肉)

サワラのソテー イタリア産うずら豆のソース

リコッタチーズとほうれん草のトルテッリ

仏産仔鴨のパイ包み(本来は鹿肉)

洋ナシのコンポート シナモンのジェラート

ピエモンテの小菓子

エスプレッソ


夫がジビエ苦手なので替えてもらいました。
今度こそ夜に行きたいです。
[PR]
by tsnote | 2010-12-07 18:03 |

関西にて 3

訳あって 大阪に宿泊しました。
15年くらい前、仕事で通った堂島や本町付近も
もう全然分からないくらいに変わっていました。
本町に新しくできた すてきなホテルに泊まってみました。


b0057839_1431033.jpg



b0057839_143417.jpg


b0057839_144415.jpg


b0057839_1442267.jpg


b0057839_145772.jpg



独特なセンスで少しエキゾチックな雰囲気があり、部屋のしつらいや調度品も、
豪華というよりはセンスを感じ たのしくくつろげました。
バーの壁に掛けられた大きな絵は、このホテルを中心にして大阪を描いた
もので、すばらしかったです。

朝食が私の経験上ではナンバー1でした。
b0057839_149682.jpg

その場で焼いてくれるオムレツは国内外数あれど、ここのは本当に
おいしかった!

b0057839_14101884.jpg

パンはもしやタケウチ??と思ったけど、ホテル内で焼いているそう。


たまにはこういう日もいいですね。たまーーに。
ホテル:the st. regis
[PR]
by tsnote | 2010-12-06 14:14 |

関西にて 2

紅葉を観に行ったわけではなかったのですが


b0057839_12235574.jpg



b0057839_12241416.jpg



b0057839_12243173.jpg



b0057839_12244785.jpg



b0057839_1225633.jpg






b0057839_1225542.jpg


心湧きたつ華やかな紅葉によろこびつつも、合間に下方に咲く白い花や
グレーに洗いざらされた柱などが 妙に美しくみえました。



----------------------------------------
[PR]
by tsnote | 2010-12-03 10:06 |

関西で 1

b0057839_14454428.jpg


道頓堀今井のきつねうどん
中村軒のにゅうめん 白味噌のお雑煮

胃がほっとするような しみじみとした味。お雑煮に入った小芋の
おいしかったこと。。
自分で作ると慌ただしいし、意外と旅に出ないと食べられない
こういうもの。
今すぐにでも また食べたい!




----------------------------------------------
[PR]
by tsnote | 2010-12-02 14:49 |

台湾にて 3

おいしいお店ってどこだろう? と事前に調べるにあたって、
グルメのqoo's lifeさん(台湾旅行の写真もすばらしい!)、
毎年お茶の勉強に台湾を訪れている本間先生
台湾通 元CAのSさん、そして偶然見つけて拝見しているうちにその
面白さと情報の親切さにファンになってしまった台北在住のpukiさんのサイト
に、いろいろと教えていただきました。 ありがとうございました!


b0057839_1662244.jpg


b0057839_1664212.jpg


発酵させた白菜を使った火鍋のお店圍爐、なぜか私が固執して食べたがった
ペキンダッグを頤園で、カスタードまんや紫米と龍眼のおかゆなどデザートも
絶品だった点心のお店 吉品海鮮。ショウロンポウやしらすチャーハンを食べに
明月湯包にも行きました。
今考えるとやっぱりかなり、おいしかったかも!…若干麻痺しました。


++++
買い物は特にぜひというわけではなかったのですが

b0057839_1694444.jpg

ちょこちょことお茶道具を見つけたり

b0057839_1610520.jpg

阿原肥皂の手作り石鹸には興味が惹かれたので。

b0057839_1610222.jpg

愛文マンゴーのドライマンゴーや、パイナップルケーキは
いくつかのお店をピックアップして食べ比べたりしました。


台湾ヘッドスパに行ったり、占いをしてもらったり、
3泊4日という短い期間でしたがとっても充実した楽しい旅でした♪
ご一緒したイエメさん には、英語でお店の予約をして下さったり
面倒なお会計を受けてくださったり、本当にお世話になりっぱなしでした。
ありがとうございました!
「ないっ!財布がない~~」事件を起こした私を寛大に励ましてくれた
ことも忘れません、笑。←笑いで終わってよかったです・・・
[PR]
by tsnote | 2010-11-14 16:21 |

台湾で 2

今回宿泊したのは、問屋街近くにあるシティースイーツというホテルでした。
問屋街ではカゴ屋さんで面白いものや可愛い籠などみつけたものの、
とっても安いのにかさばるので数が買えないのが残念!

b0057839_20531713.jpg




日本にはない粉モノが、安くてとてもおいしかった。
b0057839_20562452.jpg

スパイシーなひき肉が入った、ぱりっとした皮の胡椒餅やピーナッツ粉が
かかったお餅、葱を散らしてたたみ炭で焼いたパン(厚餅)や薄く焼いた
蛋餅、周りがカリカリのミルキーなドーナツetc。
華山市場の2階にある阜杭豆漿という朝食のお店は、ご一緒したイエメさんと
ともに「毎日来たいね!」と話したほど気に入りました~。
台北に入って一番に食べた佳興魚丸店の魚丸スープも、すごく入りづらい
ローカル感満載のお店でしたが、とてもおいしかったです!

食べることにほとんどの時間を費やしたものの、お茶問屋さんでお茶を
入手したり、お茶用の道具やお茶菓子を見たり、おしゃれなフードセレクト
ショップを覗いたり、フルーツやさんでドライフルーツやジャムを買ってみたり。
b0057839_2153847.jpg
[PR]
by tsnote | 2010-11-12 21:11 |