大好きな料理本のことを中心に


by tsnote
カレンダー

<   2008年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

日曜日の朝市

あさって3月2日の日曜日、二子玉川のリゼッタさん前で
朝市があります。

teteria大西さんの紅茶、ゆきちゃんの白梅酢、リゼッタさんの自家製
ジンジャーシロップ、よねもとくんのサボテン、naruyaこしあん練羊羹、
たまちゃんの保存食、茨城の有機野菜、福山さんのハーブ茶、
igrek double*Vのスープ、リネンのはぎれセット、プチブーケなどが
販売されるそうです。

イートインで、大西さんの紅茶とKonaSalonのパンを召し上がって
いただけます。パンは、少しですがテイクアウト用の販売もあります。
時間は10時から、午前中のみの市です。
天気はよさそうですね!
二子玉川方面におでかけの際は、ぜひお寄りくださいませ~

------------------------------------------------
私の周りには、昨年からフランスに旅行される方が多いです。
うらやましい~
私は20年前に1回行ったきり。
今年はもしかしたらヨーロッパに行く機会があるかも。。かもです。
b0057839_14392110.jpg

ポワラーヌのサブレ。お友達からのおみやげです。
徳永さんの本を見て、これはぜひ食べてみたい!と思っていたもの。
願いかなって、パクリ。
シンプルなおいしさ!歯ごたえも後味も、ありそうでない感じ。
願いもかなったことですし、フランスにはしばらく行かなくてもいいか?!
[PR]
by tsnote | 2008-02-29 14:47 | dairy

3月のパンクラス

今週土曜日からのパンクラスは、クロワッサン。
バターもなんとか揃いました。
おひとり2回ずつ、生地を作っていただくので、きっと
慣れていただけると思います。。
3種類の味のバリエーションを、ご用意しています。

バターを使うクロワッサンに合わせて、ヘルシーな料理を予定して
いたのですが、どうもバランスが悪く、しっくりきません。。
結果、ちょっぴり高カロリーのランチになりますが、夜ごはんで調節して
いただければと・・。私が一番、要注意。

-----------------------------------------------

今日は3回目のカルトナージュ。
b0057839_14294112.jpg

麺棒を入れる箱を作りました♪今回は、使えなくなったアメリカン
コレクティブルのテーブルクロスを活用。
中に綿を入れたり、何かと欲張っていたら、雑さが目立つ~
でも大満足!愛着ひとしおです。


さくらんぼうさんに、無理を言って教えていただいていたのですが
とーっても楽しくて、定期的にレッスンしていただけるように
お願いしました。
リクエストが多いので、これからは習いたい方がご参加できるように
してくださるのだそうです♪
詳細はまた後日?!
[PR]
by tsnote | 2008-02-28 21:33 | KonaSalon

更新しました

chisatoさんに作っていただいている、KonaSalonのページ。
はじめてトップページを変えていただいてみました。
動くんですよ、すごい~!

月々の便りも、2月分を更新しました。

-----------------------------------------

早くも春の料理本ラッシュ?
とてもよいな、と思って購入したのは「土鍋でおいしいごはんを食べよう」
講談社 山本真理先生の本です。
40代の夫婦2人家族のわたしたちは、これからの夕食を
この1冊のような食事で過ごしてもよいな。
福田里香さんの新刊「カクテルアラモード」も面白かったし
小嶋ルミさんのおやつなお菓子、もとても楽しみです。
[PR]
by tsnote | 2008-02-26 21:14 | KonaSalon

これいいですね

b0057839_136217.jpg

b0057839_1363928.jpg


アンリシャルパンティエのお菓子
箱の上でのの字を何度も書きながら、どれを食べようか
楽しく迷ってます。。
この小ささがなんともいえません。
よい機会にどなたかに差し上げたい。
[PR]
by tsnote | 2008-02-25 13:09 | dairy

久しぶりに「読む」本

平松洋子さんの「夜中にジャムを煮る」(新潮社)。
台所をめぐる17のエッセイ。
戸塚真弓さんの「パリからの紅茶の話」(中央公論新社)。
パリに暮らして30年、歴史と文化の街にあってこその
心躍る紅茶体験。
b0057839_20234639.jpg


エッセイを読むのは久しぶりです。とはいえ、料理系ですが。。
戸塚真弓さんの本が出ると知って、とても楽しみにしていました。
「暮らしのアート」「パリからのおいしい話」など、繰り返し、何度も読みました。
戸塚さんの文章は、甘さがなくすっきりとして、正確で知的で、端的で正直で
憧れます。

もう1冊面白い本!
b0057839_20293338.jpg

「山小屋ごはん」山と渓谷社
タイトルそのままの内容。山をわざわざ登って、そのすがすがしい
気持ちでこのごはんを食べたい!
そういえば数年前、山歩きの本にはまり、夫と妹と後輩と私の4名で
山歩き部を作ったんでした。山歩きを趣味にしようと思って(笑)。
私はお弁当を食べたがるばかりで、足をひっぱり、休部に追い込みました。
[PR]
by tsnote | 2008-02-22 20:34 | 料理本情報

二子朝市

昨年から、二子玉川のリゼッタさん前で行われている朝市。
3月は2日(日)に開催されるそうです。
今回はイートインのメニューも用意されるとのことで、KonaSalonも
teteria大西さんのミルクティに合わせて、パンをご用意させて
いただきます。
とても人気のある朝市なので、開催時間の10時にはお客様が
いっぱいとのことです♪
どんなパンをご用意するか思案中。。
早起きしてお越しいただけたら嬉しいです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
b0057839_19532355.jpg

[PR]
by tsnote | 2008-02-20 19:54 | dairy

バター

今月のバリエーションクラスは、赤ワインを使った「ボルドー」です。
b0057839_21394228.jpg

焼き時間を、レシピとは違う180℃17分、200℃12分にしてみましたら
ふんわり感が少し増しました。
微妙な違いですが、、お好きなほうで。

b0057839_21415735.jpg

来月はクロワッサン。楽しみにしてくださっている方が多いので
多少緊張しつつ、ミツバチのように少しずつ、バター集めがんばってます。
冷凍庫に16個待機中、もうちょっと蓄えて安心したい。。
[PR]
by tsnote | 2008-02-19 21:51 | dairy

ひさしぶり

b0057839_21205030.jpg

文化出版局からの新刊2冊、イタリア料理とスペイン料理。
どちらも、シンプルな材料でできるやさしいかんじの料理が紹介されて
います。こういうシンプルな料理は、一度ご本人が作られたものを
食べてみてから作ったら、全然違うと思うのです。
ぜひ食べに行きたいです。

このサイズの本、なんだか久しぶりだなと思いました。
学生の頃だったか、パトリスジュリアンさんのフランス料理の本が
このサイズで出て、おしゃれだなあと、新鮮に思ったものです。
上野万梨子さんの本とか、ロシア料理の本とか、続々と出て
わくわくしながら揃えました。。


b0057839_21254963.jpg

高尾汀さんの、エプロンの本(なべつかみやランチョンマットも載ってます)
も、出ていました。
アトリエの写真を見て、やっぱり素敵!と興奮。。
大きく作家活動をしていらっしゃらないので、ご本人の作品はなかなか
入手できないのですが、ホルトハウス先生を通じて少しずつ
購入させていただいた、宝物です。
[PR]
by tsnote | 2008-02-17 21:29 | 料理本情報

春の花を撮ってみました

b0057839_14381693.jpg

b0057839_14383426.jpg

b0057839_14385380.jpg

b0057839_1439960.jpg
[PR]
by tsnote | 2008-02-15 14:39 | dairy

その人ならではのもの

b0057839_1955146.jpg


Kona本20ページの、イングリッシュマフィンと一緒に写っている布は
spoolさんが、ずっと前に刺繍のサンプルとして作って送ってくださったもの
です。あまりにかわいいので、額に入れようか何かに仕立てようか、
迷いつつずっと眺めていて、そのまま大事にしています。

手仕事が得意な友人やお知り合いが、作った作品が大好きです!
手作りする方って、本を見て作ったとしても、まったくのその通りじゃなくて
その人ならではの工夫というのを、かならず持っていて、その人らしさを
かもしだしていると思います。
その、唯一の感じが、好きなのです~。
自分はまったく、ソーイングはできないので、尊敬の念もあります。

雑誌や本に載っているもの、そのものが欲しくて奔走した時期もありましたが
手に入れたとたん、あんまり使いこなせなかったりして。。
思い出とか愛着とか、持てるものが好ましくなってきました。年のせいでしょうか。。


もうすぐ出る、「エプロンで過ごす毎日。」という手芸本をとても楽しみに
しています(文化出版局)。著者の高尾さんが作られるものは、
手の動くままに、自由で楽しい♪上質なかんじとかわいさがあって、
ご本人そのもの。
[PR]
by tsnote | 2008-02-13 20:08 | dairy