大好きな料理本のことを中心に


by tsnote
カレンダー

<   2008年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

季節の変わり目

昨日今日と、とても寒くて、そういえば毎年「暖かくなった・・・と油断した
ところで逆戻り」するなあと実感します。

ここ数日、友人やクラスの方から「急にパン生地がべたべたするように
なった~」との報告をいくつかいただいてます。
そうでした、季節の変わり目は 生地の状態が変わりやすいのでした。
成型しづらいほどべたつくときは、たいてい膨らみも悪くなってしまうので
この時期は水分を減らして作ったほうが、うまくいくかもしれないです。

b0057839_19172465.jpg

私はこの数日で、花粉症が急激にひどくなりました。。
[PR]
by tsnote | 2008-03-31 19:22 | Kona本

クロワッサン

パンクラスのクロワッサンの回もあと2回で終わり、少しさびしい。
他のパンとは作り方がだいぶ違うから、ちょっと新鮮な1ヶ月でした。
すっかり気候がかわり、暖かくなりましたが、これくらいの気温では
バターが溶けだしたりべたついたりすることもないみたい。。
でも今月のクラスが終わったらしばらくクロワッサンとはお別れ
しなくては。体内にずいぶん脂肪を取り込んだ気がします(汗)。

b0057839_21575781.jpg

チョコレートを巻いて

b0057839_21582822.jpg

[PR]
by tsnote | 2008-03-27 22:00 | KonaSalon

お菓子づくり

カヲリの木での納品仲間でした、Yさんのお菓子教室に
お友達と伺いました。

b0057839_1941576.jpg

b0057839_19421496.jpg

レモンジュレのかかった、カスタード入りレアチーズケーキと
黒糖のガレット。
どちらもお母様が作ってくださっていたのをアレンジした、Yさん本人に
とってはクラシックなお菓子なのだそうですが、私には新鮮な
あたらしいお菓子。輪郭のはっきりしたお味で、とてもおいしかったです!

Yさんは一回りも年下で、とてもとーってもかわいい方なのですが
お話している分には年下ということを忘れてしまいます。
受ける側がリクエストしたお菓子を教えてくださるという、
そんな方法のレッスン、すてきです。
これからYさんはふたたびフランスで勉強されるそう。
うらやましい~~

カヲリの木からは、様々な人たちが、いろんな方向へ旅立って
いくなあ~、としみじみ思います。
今はレンタルスペースになって、来月にはてづくり市も企画
されているそうです、楽しみ。。
[PR]
by tsnote | 2008-03-25 19:50 | dairy

金塚晴子さん

「和菓子とわたし」淡交社 を読みました。
読み終わるのがもったいないと思ってしまう、素敵な本でした。

金塚さんは、異分野の第一線でお仕事をされて、ふとしたきっかけで
さらりと和菓子の世界に入られた(実際はいろいろあったのかもしれ
ませんが)。読んでいくと、じつにさらりと淡々と、20年和菓子を作り続けて
いらっしゃるように思えます。
間口が狭く奥は深そう、自分で作るということが考えにくい、日本人なのに
なぜか縁遠く感じていた和菓子が、とびきり美しいシンプルな存在で、
しかもおいしい、ってことに気付かせてくれた金塚さんのご本。
何冊も持っているけれど、作ったことは3度しかない~
しかも おはぎ・わらびもち・どらやきという超素朴系だけ。。
でもとても大切で大好きな本で、時々ながめています。

へちま、という屋号のセンス、和菓子から広がる道具やうつわのこと、
自然体ながらもパワフルな生き方、お会いしたことはなく本を通じて
ですが、あこがれます。
[PR]
by tsnote | 2008-03-24 22:38 | 料理本情報

bills七里ガ浜

Sydney Food という本を買ったのは何がきっかけだったか
忘れてしまったのですが、もしオーストラリアに旅行するならぜひ
この本のレストランbillsに行きたいなあと思っていました。
昨年代官山に限定カフェが出来ていたそうなのですが出遅れて行けず。
おととい発売された日本語訳の本を見て、22日、七里ガ浜にbills
オープンすることを知り、これはぜひ行かねば!とはりきって
出かけました。

b0057839_1935924.jpg

b0057839_193549100.jpg

b0057839_1936821.jpg

b0057839_19362295.jpg


素敵なロケーションです。

いただいたのはもちろんリコッタチーズのパンケーキ。
ふわふわ、あっさりでおいしかったです!(写真がいまいち。。)
クラスの夏メニューにカッテージチーズのパンケーキがあるので、
参考になりました~。

ここは、近くにある珊瑚礁とおなじく、いつかすいてくるというような場所
ではないので、朝一番に行くのが正解ですね☆
でもランチも試してみたいな。。

気持ちよい晴れの日、テラス席ですっかり日焼けしてしまいました・・・
[PR]
by tsnote | 2008-03-23 19:46 | dairy

大きなパン

b0057839_17231042.jpg

今朝の朝食、たまご色山パンのスライスに、フランスのお土産でいただいた
エシレのバターと晩白柚のジャム?(大根の煮物じゃなくて)を乗せて。
朝食を食べたがらない夫も、これは大好き。

本当にパリのおみやげをいただくことが多くて、そのどれもがおいしくて
プルーンのお菓子(ドライプルーンにプルーンジャムが詰まってる!)も
すごく美味でした♪♪日本にいながらにして、Happyです~

クラスで、カンパーニュが生焼けになっちゃうーというお話、
本を見てたまご色山パンを作ってくださった方も、一部生焼けに
なっちゃったーというお話をちらっと伺い、これは対策をお話せねばと
思いました。

考えられる原因の一つ、中種の発酵不足は、これからどんどん暖かくなるので
自然と解消されるかなと思います。
あとは、酵母が元気かどうかですが、新しい酵母なのに生焼けになって
しまう場合は、レシピよりも酵母の量を5gほど増やしてみてください。
増やせば増やすほどふくらみが良くなるわけではないので、ご注意を。。

大きいパンは、成型に時間をかけると生地が乾燥してしまったり
オーブンの温度と焼き時間の関係も影響が大きいので、ちょっと経験が
必要かもしれません。何回か焼いていくとき、そのつど改善したいところを
よく意識することが、大事だと思っています。


b0057839_17312459.jpg

保温ポットを使用せずの酵母おこし。いい感じにできます♪
これからの季節、ぜひトライしてみてください。
[PR]
by tsnote | 2008-03-22 17:34 | Kona本

イイホシさんの個展

イイホシユミコさんの個展、オープンと同時にお友達と
伺ったら、お知り合いの方に次々お会いして、楽しい1日。
b0057839_2121966.jpg

春は展示会が多いってことを、忘れてました・・・
うれしくも、お財布のつらい季節です?!

松長絵菜さんの新刊は見つけられませんでしたが、楽しみな1冊。
飛田和緒さんの家族ごはん第2弾も。


b0057839_21271893.jpg

実家にあった晩白柚。大きさにびっくり。比較:甥とファーちゃんと。
その皮を母に持たされたので、ジャムを煮てみました。
グラニュー糖がなくて、いつものお砂糖で煮たら
切干大根の煮物みたいな見た目になってしまった!
食べますがね。
[PR]
by tsnote | 2008-03-21 21:28 | dairy

先生のこと

今日発売のクウネルを買いました。
ホルトハウス先生が載っていて、その魅力が興味深く
書かれていました。

ホルトハウス先生と出会って、
素晴らしいと思うこと、つまらないと思うこと、憧れ、嫌いなこと、
迷い・・・自分のなかにあるバラバラな思いが、ひとつに
つながった気がしました。
こういう、抽象的なことしか言えないのですが、先生はわたしが
ぜひ見つけたいと思い続けてきた、普遍的な価値観を
お持ちだと感じたのです。
b0057839_17114357.jpg

先生の、2月のサラダ。

Kona本には”あなたの本、素敵よ。かわいいし。きれいよね。”
と言ってくださいました。
[PR]
by tsnote | 2008-03-19 17:15 | dairy

酵母

ちょっと久しぶりに、酵母をおこしました。
久しぶりというのは、クロワッサンは新しい酵母よりも古めくらいの
ほうが、味が深くなるような、バターを折り込みやすいような気がするからです。

酵母をおこすとき、私は専用の保温ポットを使っています。
b0057839_1959741.jpg

10時間後、外側から見ると全体が泡でできているような、
スポンジ状。泡の形は丸じゃなくて、不揃い。泡の形はこれから
揃っていき、小さくなっていきます。。
(酵母200gでの画像です)
このスポンジ状態を確認できれば、あとは心配ないといっていいかも。

保温ポット(27度保温)を使わない場合は、この状態になるのに
12時間から15時間くらいかかる感じです。
寒いところですともっとかかってしまうので、できれば暖かいところで。
炊飯器やポットの近く、キッチンの上のほうの棚、乾燥機の近く、
など、最初の8時間くらいは、ある程度の温度があったほうが◎。
おこすときの水をぬるいくらいの温度にするのもよいかとおもいます。
[PR]
by tsnote | 2008-03-18 20:54 | Kona本

中国茶

近くの早咲きの桜が満開です。
毎年、なんという名前の桜なのかと思いつつ、9年経ってもまだ
名知らずです。。

こちらはまた長持ちしているガーベラと松虫草。
b0057839_1428681.jpg



来月4月は、パンクラスではサンドイッチがメニューです。
たまご色山パンを使います。
デザートを、和菓子にしてみようかな、と思っていて、それに合わせる
お茶を、漢方薬局を営み中国茶を扱っている友人に相談しました。

エキサイトブログリンクしているkampo-cafeさんは、大学時代の
友人。彼女は薬学部にいて、福岡で薬局を営むご主人のもとに嫁いでから、
なかなか連絡が取れなかったけれど、近頃ブログで再会!
旅館の若女将になれそうな、人のために尽くし動くことをいとわない
性格は健在で、2人のおこさんのママであり、ご主人のお店を支えつつ
ご自分の漢方薬局もオープンさせた、パワフルな人です。
中国茶、サンプルを送ってくれたので、どのお茶にしようか
楽しく試すことにします~。

b0057839_14455691.jpg


彼女とは同じ大学にいたけれど、出会ったのはバイト先。
私たちは千葉にある某おとぎの国「D」で、床までの長いドレスに
オーガンジーのエプロンをして青春時代を送ってました(笑)。
楽しくてたまらないはずの大学生活がどうにも暗黒?だった
私にとって、おしゃれで全力ですべてを楽しむ彼女は、本当に
頼りになる存在でした。また出会えたことが嬉しい。
[PR]
by tsnote | 2008-03-17 14:49 | dairy