大好きな料理本のことを中心に


by tsnote
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

次のベーシッククラス

b0057839_184628.jpg


今年8月にベーシッククラスを募集させていただいた際、
ご参加いただけなかった方が 多くいらっしゃいましたので
また秋か冬にベーシッククラスができたらいいなと
思っておりました。

来年1月に、少しではありますが ベーシッククラスをしたいと
考えています。
今回は 8月にご応募いただいたにも関わらずご参加いただけ
なかったかた(中でも 2回目3回目のご応募の方)に 
メールでお知らせいたします。

お知らせは11月末を予定しています、よろしくお願いいたします。

サイトや著書をご覧くださった方より、
「次の募集の際には メールが欲しいのですが」というご依頼を
よくいただいております。が、残念ながら今はそれが
難しい状況にありますので、ご理解をお願いしております。
新規募集の際は、このブログで 1か月以上前にご案内いたします♪
[PR]
by tsnote | 2008-10-29 18:58 | KonaSalon
b0057839_21282710.jpg


今月は勝手ながらクラスをお休みさせていただきましたが、
秋の会、楽しんでいただけましたでしょうか。
ご参加ありがとうございました。

b0057839_21352920.jpg


今回、なにをおいても 大きくて質のよい栗を提供してくださった
橋本農園さまに お礼を申し上げます。
ご紹介してくださったのは、お菓子教室をされている友人、イエメさんです。
本当にありがとうございました!

橋本さんは、イエメさんの生徒さん。80代のご両親が丹精、選果までされた 
心のこもった栗、一度も虫がでることなく、ひとつも無駄にせず
使わせていただきました。

b0057839_21371022.jpg

今回のシロップ煮は、栗の風味をいかした素朴なタイプで
限られた時間の中で 思いのほかうまくできる煮方でした。
レシピを記載していませんので、こちらでお伝えしますと・・

・剥いた栗の重量をはかり、半量のグラニュー糖と ひたひたよりも
 多めの水を入れ、火にかけて、沸騰し始めたら弱火にする。
・紙蓋をして弱火で40分煮て、栗がまだ白っぽかったら5分プラス、
 さらに様子を見て5分ずつプラスして煮る。
 2kgの栗で、50分ほど煮ました。
・ラム酒を入れたほうが、後々香りがよく おいしかったです。
・日持ちをさせたい場合やもうちょっと甘くしたい場合は、
 鍋に煮汁を濾して煮立たせ、火を弱めて栗を戻し、10分ほど煮て
 火を止め、冷ますことをお好みで2,3回繰り返すとよいかと思います。
・くちなしであらかじめ色水を作って それで煮ると、美しく仕上がるようです。


momo gardenさんがひとつひとつ丁寧に作ってくださった作品も、
大好評!エプロンなどの抽選結果は、11月のクラスでお伝えさせていただきます。
完成度の高い、メイプルリーフさんのデザートには皆様 最後に
満ち足りた気持ちでお帰りいただけたと思います♪

みなさまお疲れ様でした、ありがとうございました。。
[PR]
by tsnote | 2008-10-25 21:48 | KonaSalon

いっぱい見つけた

今日は久しぶりのクラス(秋の会)。
勘がもどってこなくて はじめから終りまでバタバタ。
すみませんでした!
みなさんにかわいがってもらって、ファーちゃんはいつもの
退屈な毎日とちがい 刺激的なひとときだったと思います♪
ありがとうございました。

買い出しのついでに本やさんに立ち寄り、いっぱい新刊を
見つけてきました。

「特別な日に焼きたいお気に入りパン」 門間みかさんの本(マイコミ)。
見ていると 頭と口に味が伝わってくるような、おいしそう感が
あふれる1冊。パンが好きな方なら誰でも うれしくなりそう。

「はじめてのふたりごはん」有元葉子さんの本(大和書房)。
チェリーテラスの道具を使った、シンプルで野菜たっぷりの
ごはんの本。装丁とスタイリングもすごく素敵。

「料理を習いにフランスへ」平野由希子さんの本(えい出版)。
フランスといっても、トゥールーズという地域のことを書いて
ある、コアな内容。料理本としても旅本としても 珍しい
タイプで興味深いです。

「カップケーキレシピ」いがらしろみさんの本(小学館)。
この方の本は なにもかもかわいい。
おいしいカップケーキを作りたい!

「京都のごはん」大原千鶴さんの本(文化出版局)。
美山荘の次女の方が書かれた本。
美しく、端正な京都のおかずの本、大切に読みたい。

「おやすみモーフィ」岡尾美代子さんの本(クウネルの本)。
悩んだ末に購入(料理本じゃない本はいちおう悩みます・・)。
岡尾さんの 不思議な魅力。cinemaの本も、買っちゃったです。。

今日はこんなところで。。。
[PR]
by tsnote | 2008-10-24 21:43 | 料理本情報

はじめてのつくば

なかしましほさんの、かわいくてすてきな新刊(シフォンケーキの本)を手に
お茶の時間を過ごしたりしています。
いがらしろみさんのカップケーキの本とか、有元さん、
ジローラモさんの新刊なども気になります。。

さて 先日、お友達のイエメさんと つくばに行ってきました。
イエメさんは、つくばは庭なので?!、案内していただいて、
私ははじめてです。
なにしろ思ったよりずっと近かったです。そして広々して樹がきれいで
素敵な街でした。
定休日のところが多く 課題を残したので、また近いうちにいかなくては☆

b0057839_21122235.jpg

すごーくかわいいパンやさん

b0057839_21125564.jpg

蔵を改造して作られたパン工房

b0057839_21134714.jpg

ディズニーランドみたいな アンティークshop

b0057839_21143785.jpg

すっきりとしてひとつひとつが光ってた、シンゴスターリビング。
イエメさんと記念の器を購入しました。
「記念」と称すると 買物の罪悪感が減る・・。

b0057839_21165666.jpg

古きよき日本の風景が残る部分と、アメリカみたいな規模の大きさを
あわせもつ、つくばって面白いところでした♪
[PR]
by tsnote | 2008-10-22 21:20 |

栗のクロワッサン

b0057839_1244471.jpg

栗のシロップ煮を クロワッサンに使ってみました。
ローストしたアーモンドとバター、栗とシロップ、砂糖、ラム酒を
プロセッサーにかけて、クリームにしたものを、クロワッサン生地で
巻き。 それに栗を乗せ。

材料が材料なので、それなりに美味でした。
でもこれを作るために 栗のシロップ煮を作る、というのは
あまり意味がないかな・・・
あとは、栗の上にラム酒入りシャンテリーをかけ、シロップ煮を
裏ごしたものをたっぷりのせて食べるとか。簡単だけど 栗の味が生きそう。
でも 太りそう~!
[PR]
by tsnote | 2008-10-19 17:31 | KonaSalon

公園へ

夫がお気に入りの 保土ヶ谷公園へ。「私の運転で」
b0057839_18115243.jpg

b0057839_17592717.jpg

広々と綺麗でした。
オートテニスなど 楽しんでから、久しぶりに作ったお弁当を広げました。

b0057839_1803371.jpg

たまには エスカ、使わないと。

b0057839_181982.jpg

たまご色パンで、にんじんのと ハムのと クリームチーズ&ジャムの
サンドイッチ。さつまいもの茶巾、あと 梨。それだけでしたが
気持ちのよい場所で、おいしかった。

帰りも無事 私の運転で。
最後のさいごに、車庫入れで キャーー。
今日1か月点検終わったばかりの新車が~~
指示を出していた夫の姿が見えず、何度呼んでも声がしないので 
もしやまさか…と青ざめていたら
ショックのあまり声を出せずに佇んでいただけでした。
ホッ♪ (安心している場合じゃないけど)。
気にしないで練習のため 今のうちにどんどん乗って。という夫、
やさしい~ 。けど、指示がほんと分かりにくいって!
[PR]
by tsnote | 2008-10-18 18:13 | dairy

父の写真

父が通う写真教室の展示会に ちょっと寄ってみました。
父の撮った写真を見つけて 驚いた。
タイで 船にたくさんの果物を乗せて売る、おじさんの写真。
私たち家族が父に持つイメージとはまったくちがうものが伝わって
きて どうにも不思議でした。
年齢のせいか、心境の変化か、先生のご指導によるものか。
はてなが頭に浮かび しばし じーっと眺めました。

なぜなら父はまず人物を撮るのが嫌い。
頼んだって頑として 孫さえも撮りません。
それに 父は東南アジアは好きじゃないはず。
私たちが幼いときはイタリアに赴任していて、後半はアメリカ滞在が
長かった父は、単身だったため 家族の中でひとり 西洋かぶれなのです。
もしかしたら タイの美しい果物の色とか、構図とかを気に入って
出品したのだろうか。
他の人とかぶらないように 選ばれた1枚なのか。
どちらにしても、最初のびっくりとはうらはらに、だんだんと
やはり父が撮った父の目線としか 思えなくなってきたのです。
たった1枚の写真で かなり楽しめました。
[PR]
by tsnote | 2008-10-17 16:10 | dairy

ベーグル

しばらく食パンにはまっていましたが そろそろ違うパン、でも
シンプルなものをと思ってひさしぶりに ベーグルを焼きました。
b0057839_2114336.jpg

ベーグルは時々 ご質問をいただくことがあって、それぞれに
ベーグルにもつイメージに結構 差があるのだなあと思います。
今日のは、いつもは5分割するところを4分割で大きめに作り
ゆでる時間を少し短くして いつもより10度低い温度で焼きました。
ちょっと ふかっとしていて でもひきはかなりある感じです。
[PR]
by tsnote | 2008-10-14 21:23 | KonaSalon

秋の連休

夫実家に帰りがてら とらや工房ふたたび
b0057839_21441330.jpg

b0057839_21443415.jpg

b0057839_21445989.jpg

b0057839_21451227.jpg

栗おこわと ぜんざい。
ファーちゃん連れで入ってはいけないことが分かり
急いで一気食い。でもとてもおいしかったです。
おこわの入った竹の器は、底に穴があいていて、実用的でかわいくて
欲しい~。

長年通っている美容院で 店長さんは気がすすまなそうだったけど
パーマをかけてみた。巻き髪ではなく ぐるぐるのです。
サザエさんみたいですが 長いことボブで飽きてしまっていたので
ちょっと面白い。。
[PR]
by tsnote | 2008-10-13 21:56 | dairy

剥いて煮た栗というお宝が 冷蔵庫にたくさん、こんな贅沢
はじめてです。
低糖だから、このまま食べるのがいちばん美味しいんじゃないかなって
思うけれど、一度くらい工夫して食べてみなくては。とも思っています。
クロワッサン生地のうえに薄くアーモンドクリームをのばして栗を巻き
焼いてみようかな、とか。生どらに 挟んじゃおうかなとか(和菓子に
合いそうですね)。

楽しみにしていた本、山本ゆりこさんの「ヨーロッパの食事の時間」。
堀井和子さんの「みてまわる日々」。
どちらも秋にぴったり。持ち歩いて、ひとりでカフェなどでページを
めくりたいかんじ。
どちらも写真が素敵です。どう素敵なのか、分析してみたくなります。
自分が撮っている写真 感じたよさを写してないな、と思うことが
多いのです。写せるようになってみたい。
[PR]
by tsnote | 2008-10-08 22:30 | KonaSalon