大好きな料理本のことを中心に


by tsnote
カレンダー

<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

エスニックな感じ

ぞうり
b0057839_22565714.jpg


じゃなくて

b0057839_22573414.jpg

ナンです。。

目指すは、たまぷら「アクバル」のナン。
しかし遠く・・・かないません。
作っているところを横目でみると、目をつぶってても作れる、くらいな
気楽さでお作りになっていました。 そういうものなのだと思います。


こちらは最近見つけて2週間で3回行ってみたお店「コヴ kovu」。
b0057839_231682.jpg


いきなり昭和!な建物があって、たまぷらにして不思議すぎる、アジアな空間。
キュートな母娘さんでなさっていて、カフェでもないし居酒屋でもないし。
湯葉のサラダと唐揚げと、ナポリタンと…。夜がおすすめ。
お客さんも、大学生っぽい女の子たちがいるかと思えば、
パンチパーマ(えっ?!)のおじさんがいたり。
モンスーンカフェとはふた味くらい違う雰囲気。
すごいかも。
[PR]
by tsnote | 2009-05-31 23:11 | dairy

おやつ便

お菓子友達イエメさんの 5月のおやつ便は

b0057839_18212860.jpg


しゅわしゅわふんわり、のシフォンケーキ、
甘さ控えめバナナマフィン、コクのあるドライブルーベリーのマフィン、
イエメさんの定番スコーン2種

b0057839_18233245.jpg

イエメさんらしいこのかわいさ!

朝ごはんにもよいおやつ。ミルクティにぴったりです♪
[PR]
by tsnote | 2009-05-28 18:25 | dairy

最近の、本

「クウネル」
ガースウィリアムズの生涯に感動!
”大草原の小さな家"シリーズの挿絵が大好きだったけど
この画家がどんな生涯を送ったのか、全然知らなかった。
なにがそうさせたのか分からないけど、読み終わって胸がいっぱいに
なるような特集でした。


b0057839_2156239.jpg

「パリのマルシェのレシピ」 酒巻洋子著
パリの市場で食材のプロに聞いた簡単でおいしいレシピ。
絵になる野菜やチーズや肉魚の鮮やかな写真も素敵だけど
マルシェで働く人が、みんな俳優?!ってくらい、いい笑顔。
仕事に誇りを感じてるとこういうお顔になるのかしら。。
レシピもおいしそうだし、大事にしたくなる本。

「私は夢中で夢をみた」石村由起子著
夜ベッドの中で読み始めて、読み終わるまで眠れなかった
とても魅力的な本でした。
「夢」ってほわっとしていて、これさえあれば辛いことも乗り越えられる、
というようなイメージがあるけど、この本はそういうことは伝えて
こなかった、だから面白かった。
夢には伏線があって、そこにつながる何かが起こったとき
行動する勇気があったこと、夢が現実で始まったらそこからは
課題や問題を乗り越え続けなくてはならないこと、大きな幸せと苦労は
背中合わせであることなど。
夢は現実の先にある、というと夢がないようだけど、子供だっていつかは
知るべきこと。
ありそうでない内容の本で、読んでよかったと思います。
[PR]
by tsnote | 2009-05-25 22:30 | 料理本情報

あんぱん焼けました

今月のメニューあんぱんは、室温発酵で作っていますが
スケジュール的に冷蔵庫を使えたら作りやすい、という
お話もでていて、今日焼いてみました。

捏ねたのは10時半、4時間経って14時半近くに冷蔵庫に入れて
外出しました。
7時間半後の22時に、冷蔵庫から生地を出して、冷たいまま分割
(ここポイント、室温に戻すと成型が大変な生地に!)
軽く丸めて30分置きました。
今日はわりと湿気があって気温も高いので、冷たかった生地は30分後には
かなりべたつきが。。20分くらいでもよかったかな。

成型後の2次発酵は生地がだれすぎないよう10分ほど短めにしておきました。
餡を冷蔵庫に入れていて、冷たいまま使ったので、いつもより
2分長く焼いて。。

b0057839_23565728.jpg



おいしく焼けました~ 食感もかわりません。
冷蔵庫に入れるにしても、1次発酵を完成に近くしておくほうが
発酵具合の見極めで迷わなくていいので、あとが楽だと思います。

クラスが来週の方には、「?」な内容になってしまいましたが
レッスンのときにまたお話しますのでよろしくです~。
[PR]
by tsnote | 2009-05-23 00:04 | KonaSalon

新婚さんのテーブル

b0057839_1931455.jpg


b0057839_19312055.jpg


お仕事も続けていらっしゃるお忙しい新妻 Oさんが、おうちでのKonaパン
写真を送ってくださいました。 なんだろうこの愛らしさ!
写真から、気持ちのこもったパンだなー、きっと楽しい気持ちで焼いて
いらっしゃるのだなーっていうのがすごく伝わってきます。。
やっぱり、手づくりのものの表情って、その人が出るのだな(コワイけど)。
私も、今は仕事として焼くことが多くなってしまったけど、自分と家族のために
ゆっくりと、こんな表情のパンを焼きたい。
そんなふうに思いました。
Oさんありがとう!



------------------------
月々の便り、4月分を更新しています
[PR]
by tsnote | 2009-05-20 19:49 | dairy

yoga

お友達に紹介してもらって、昨年冬からソフトヨガに通いはじめました。
運動嫌いと運動不足、それと40代に入ってからのちょっとした不調
(アレルギー的なものとか)、少しでも解消できたらいいな・・・と。
月に1回か2回しか行けなくて、効果というほどのものはいえませんが、
行ったあとは体が伸びてとてもいい感じ。スタジオに行くまでの道も気持ちよく、
小さなお店がたくさんあって楽しい。
つまりよい気分転換になっています。
先生のちょっとした言葉にはっとしたりします。
「痛みにしがみつかないで~」  
「同じところに留まらないで、少しでも先に伸ばして~」 
yogaは深いのだなきっと。
でも私はいつまでも浅くソフトで。。


b0057839_19305311.jpg

lambsearさんのビオラ。
鉢植えでこんなに育つものなんですねえ。
[PR]
by tsnote | 2009-05-19 19:34 | dairy

ブログのこと

パンクラスにお越しいただいていて、ご自身のブログを教えて
くださった方に、リンクをさせていただきました(設定上、エキサイトの
方のみになってしまうのですが。。)。
今まで、お仕事でのサイトをお持ちの方に限っていたのですが
なんとなくあいまいになってきましたので、みなさまのを。。
ご家族のお写真を掲載されているなど、プライベート記録のための
ブログの場合、心配もあります。リンクにご不都合ありましたら、
どうぞご連絡ください。
なにか少しでも問題がありましたら、お断りなくリンクスペース
自体をなくすことがあるかもしれません。ご了承ください。。

また、「パンクラスをアップしなければっ!」とプレッシャーを
感じないでいただきたいなと(笑)常々思っております。
「ブログでクラスの様子を見ることができて、とても楽しみ」
とおっしゃる方もおられますし、
「先に内容が分かりすぎて参加の楽しみが半減しちゃいます…」
とおっしゃる方もおられることを、お伝えしておきますね。
[PR]
by tsnote | 2009-05-18 18:38 | dairy

自分にごほうび

などと思って何カ月も前に注文した本が届き・・・忘れていたからびっくり。

b0057839_210954.jpg


b0057839_2103384.jpg


フランスの料理本。
レシピは単語が少ないし、わからなくても見るだけでいいんだ~と思って
いたけれど、分からなすぎでした。
でもでも、すっごく素敵なんです。フルーツの木箱に入っているかのような
フルーツのレシピなんて、ありえないかわいさ。
こんなのプレゼントしてくれてありがとう自分…。

うちの近所に日本在住20年のフランス人女性の方が、教室をされていて
募集のちらしに「フランス語のレシピを解読したい方」と書かれていたので
どうしようかな。習いに行ってしまおうかな。と考え中であります。
[PR]
by tsnote | 2009-05-15 21:08 | dairy

季節

この季節、夕方のお散歩は少し風が出て気持ちいい。
周りの住宅地では、お庭のバラが満開です。
もっと歩きたいのに、我が家の犬は頑として早々に帰っていきます…。


いただきものの、部屋の花
b0057839_22342092.jpg



b0057839_22343826.jpg


ビバーナムもリラも、こんな花びらのバラも、少し前までは
本の中でしか見られない憧れの花でした。
こうやって身近に感じられることがうれしい。
[PR]
by tsnote | 2009-05-14 22:45 | dairy

楽しみな新刊

最近情報を得てたのしみにしている本といえば。。

米沢亜衣さんのイタリア料理の本2。長尾さんの本同様に
いつも著者らしさが凛とでていて、とても刺激を受けます。
津田陽子さんのロールケーキの本2。いよいよフロール解禁?!
かえる食堂さんの新刊もきっと買うでしょう。
料理本じゃないけれど、feveの吉祥寺の本や、堀井和子さんの
紙モノの本も、心待ちにしています。

今まで集めた料理本、どれも大事で思い出もあるから、ほとんど
処分はしません。
ただ、これでもかっていう本棚を作ったのに、ついにいっぱいになって
しまったから、強欲もほどほどにしなくてはー(笑)ってことで
ときどき、「儚い堂さん」に本を持っていきます。
店主さんは料理本をとても大事に思っていらっしゃるので、
安心して預けるような気持ちで持っていきます。
そして買ってきてしまうこともたびたびなのですが(汗)。
[PR]
by tsnote | 2009-05-13 19:01 | dairy